審美歯科


当院での審美歯科とは

審美歯科とは、歯並びや歯の形、色などの治療を、患者様の希望を最大限に考慮して行う科目ですが、当院では「見た目」だけを優先した治療は行いません診断なしに進めていく「見た目」のみを重視する治療方法もありますが、当院ではまず何故、歯列不正や欠損が生じたかを考えることから始め、現状をなるべく長く維持する治療(1本の歯牙をしっかり残す)から治療を始めます。


 

ホワイトニングとは

広い意味では歯を白くすること全般をホワイトニングといいます。例えば歯のクリーニング (PMTC) から始まり、ブリーチング、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、すべての治療をホワイトニングと称することができます。
しかし、世間一般に使用されているホワイトニングはいわゆる「ブリーチング(歯牙漂白)」のことを指す場合が多いようです。



ホワイトニング(ブリーチング)

歯に色がつく理由
●コーヒー、お茶、タバコ等による変色
●加齢による変色
●全身疾患による変色

これらの要因により歯が変色してしまった場合にはホワイトニングで改善することができます。ホワイトニングとは歯の表面に専用のジェルを塗り化学的に白くする方法で、自宅で行う「ホームホワイトニング」と、歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」、神経のない歯に対して行う「ウォーキングブリーチ」などがあります。



ホワイトニング治療の流れ

自宅で行うホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅でトレーにジェルを塗布して決められた時間、継続的に装着することによってホワイトニング効果を得ます。

診察、歯の色の確認

専用のマウスピースを製作

歯のクリーニング自宅での使用方法を説明

マウスピースを使って自宅での使用




歯科医院で行うオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で薬剤と光の照射でその日のうちにホワイトニング効果を得ます。

治療前の歯の色をチェック

歯のクリーニング歯石、着色の除去

白くしたい歯に薬剤を塗り光を当てる

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用した例



歯科医院で行うウォーキングブリーチ

歯に薬を詰める為の穴を開け、その穴にホワイトニングの薬を詰めます。1週間に1度、色を見ながら薬を詰めなおします。詰めなおしは4回~5回行います。



ホワイトニング治療費

・ホームホワイトニング ¥16,500
(内訳:専用トレー代¥11,000/薬液4本¥5,500)

※上顎・下顎どちらか片顎の料金です。両額の場合は、専用トレー代¥11,000を別途頂きます。
※ホワイトニングを持続させる為の、歯磨き剤・フッ素代は別料金となります。
※患者様の不注意により、トレーを紛失された場合は¥11,000、破損した場合は¥5,500(現品の確認あり)にて再製作致します。


・オフィスホワイトニング  ¥49,500
(内訳:片顎トレー代¥11,000/薬液4本¥5,500/当院で強めの薬使用1回¥33,000)

※ホームのみだけでは、上手くいかない場合や、お急ぎの場合に適用します。
※ホームホワイトニングと同じようにご自宅でホワイトニングします。並行して、当院で強めの薬を使ったホワイトニングを施します。
※更に白くされたい場合は追加で薬液をお渡しします。(薬液2本/¥2,750)


・ウォーキングブリーチ(1本/1回)¥1,700
※治療終了後、ホワイトニングの薬を詰めていた穴に、最終的な白い詰め物をします。(ポスト埋入+充填¥6,600)

お支払い方法
・クレジットカード、または現金にてお願いいたします。
・お支払いは、治療開始時に一括で頂戴致します。
・ウォーキングブリーチのお支払いは各回の終了時にお願いいたします。

 



ラミネートベニア治療とは

ラミネートべニア治療とは、変色した歯の表面だけを削り、天然歯色の薄いセラミックスなどを貼り付ける(接着させる)治療です。装着後の長期使用による艶の喪失、変色はありませんが、強い噛み合わせなどによる破損の可能性があります。主に薬品による漂白治療を行っても、変色の回復が期待できない場合の治療方法です。

「つけ爪」のようなセラミックを歯型に合わせて製作して、接着します。



自費治療費 /1本  ¥77,000